毛先のパサつきとそれに伴う抜け毛・・・

毛先のパサつきに悩んでいる女性は多いかと思いますが、私もその中の一人です。
高校生くらいまでは、髪の一本一本が太く、艶もあり毛先のパサつきも気になることはなかったのですが、大学生時代にカラーリングを頻繁にするようになり…特にブリーチをしたりしていたため、その頃から髪のダメージが気になるようになりました。
毛先のパサつきはもちろんのこと、髪が以前より細くなり、ブラシで梳かそうとしても絡まってしまっていました。それに伴い、ブラシを使用すると髪がブラシに絡まって抜けてしまう日々…。
髪が長かったので雑誌に載っているヘアアレンジを楽しみたいと思ってアレンジをしても、ブラシに絡まってしまうため、アレンジがしにくく、更にはヘアゴムを取る際にヘアゴムに髪が絡まってしまい髪が抜ける始末。
そこへプラスしてアレンジのためにヘアワックスやヘアスプレーも使用していたので、シャンプーの時に髪を濡らすと余計に絡まり、シャンプーすらダメージの原因になっていました。
ネットで調べたシャンプーの前にトリートメントで一度髪を解くというやり方を見つけ、毎日トリートメント、シャンプー、トリートメント、ヘアパックという工程をしなければなりませんでした。
ドライヤー後にヘアオイルを使用しましたが全く浸透せず、改善が見られませんでした。
その後苦渋の決断をし、傷んだ髪をバッサリと切りました。多少髪の質は良くなりましたが、一度細くなった髪は元に戻りませんでした。
以前よりも頻度は減ったものの、ヘアカラー自体現在も年に何回かしているためダメージはなくなりません。
ただ、今までとヘアケアのやり方を変えたところドライヤー後の毛先のパサつきがなくなりました。
やり方は今までドライヤー後につけていたヘアオイルを、ドライヤー前に変えただけです。今まではドライヤー前にオイルをつけるとドライヤーの熱で傷むのではないかと思い、ドライヤー後にオイルをつけていましたが、そのせいでドライヤーの熱から髪を守れていなかったようです。
カラーやパーマによるダメージの悩みは多いと思いますが、タオルドライ後にヘアオイルをつけてドライヤーの熱から髪を守ることをオススメします。

加齢による髪の変化|ボリューム、コシがなくなる。

ここ一年ほど前から、急に髪質の変化を感じるようになりました。
小さいときから、髪質で悩んだことは無く、逆に、ストレート過ぎる髪の毛が嫌で、少し髪を傷めて、パサパサにしたり自分でしたりしていました。

それなのに、最近は、だんだんと髪のつやがなくなってきて、なんだか抜け毛の量も増えてきているように思います。

髪の毛をかきあげて、中のほうの髪の毛を見ると、なんだかちりちりと艶の無い髪の毛が目立ちます。
なので、耳の上の髪の毛を少しだけ残して、残りを後ろで束ねるという髪型を昔はしていたのですが、今はそのような髪型をすると、くくっていない髪の毛がちりちりでなんだかみすぼらしい感じになってしまいます。

白髪も3本ほど、同じ箇所から出てきているので、髪の毛の衰えを感じずにはいられません。

白髪や抜け毛というのは、頭皮が固くなって血行が悪くなってきている証拠だというのをテレビで見たことがあるので、最近では、気が付いたときには、テレビを見ながら、頭皮をマッサージするようなことをしています。

頭皮を、頭蓋骨からはがすような感じで、頭皮をやわらかくしようとしています。
これで、効果が出てくれて、髪質改善してくれたら良いなと思っています。

髪の毛が艶がなくなるだけで、なんだか、肌の艶もなくなってきているような、体全体的に衰えたような感じがしてしまうので、綺麗な髪の毛になれたら良いなと思っています。

また、シャンプーに関しても、今までは髪の毛だけを気にしていましたが、最近では頭皮にも優しいシャンプー選びをしています。
これで、生えてくる髪にも優しい頭皮環境を作れたらいいなと思っています。

これ以上、髪の毛のことで悩むことが増えないように、気をつけていきたいと思います。

髪はこんなにボリュームがなくなってくるのの、ヒゲだけは濃くなってきます。
男性ホルモンの影響というやつでしょうか。→ひげ脱毛仙台

年齢による髪の衰えについて|35才をすぎるとヤバい。

小さい頃から剛毛で量が多かったのですが、
35歳を過ぎた頃からボリュームが落ちて毛が細くなっていることに気づきました。頭のてっぺんに、つむじが3か所あることも重なって、頭皮が見えてしまうことがあるのです。
頭上は鏡に向かっていてもなかなか見えにくいのですが、私は背が低いので他人からはよく見えているのではないかと思います。
ボリュームが出る日と出ない日があり、ボリュームの出ない日は一気に老けて見えてしまうので1日気持ちが沈みがちです。

今まで髪の毛や頭皮のことで悩んだことがなく、ちゃんと考えたことがなかった私は、ネットで調べて薄毛対策をしようと考えました。
まずはシャンプーを頭皮にも環境にも優しいノンシリコンに変えました。そして美容院で頭皮マッサージをしてもらうようになり、家でも自分で出来る限りマッサージを続けています。
そして髪型をショートボブに変えて、トップにボリュームが出るように切ってもらっています。セットするときもドライヤーの当てかたやワックスの使い方なども美容院の方に相談していろいろ教えてもらいました。

職場ではPCを使うことが多く頭皮も体も固まってしまうので休憩の際にマッサージしたり、髪のボリュームが落ちてしまっている場合は頭上を軽く揉んでボリュームを元通りに直しています。
お金をかければもっといろいろな方法があるのかもしれないけどそんな余裕がないので、できるだけお金をかけずに自分に出来る方法で対策していきたいと思います。
このように、今まで気にしていなかったところに気を使うようになってからは、1日中気分が落ちるほどのことはなくなったし薄毛が気になって悩むようなこともなくなりました。

年を重ねると毛が細く薄くなるのは仕方ないことかもしれませんが、心も体も見た目もいつまでも若々しくいたいと思うので、これからも出来る限り自分の体を気遣って、問題が発生した時はちゃんと向き合っていきたいです。
今回、自分の体や年齢を改めて見つめることができたので良い経験になったのではないかと思っています。

重力に逆らわない髪の毛|傷んだ髪にも優しいパーマ

女性は、まっすぐしたサラサラの髪の毛に憧れを抱くことが多いのではないでしょうか。
「綺麗なお姉さんは好きですか?」と昔のCMであったように。
人それぞれ悩みは違うと思いますが、私は直毛なのが悩みです。

小学生の時、まだ髪の毛を染めておらず、真っ黒の直毛でした。
両親が忙しかったので、髪のアレンジをすることもなく、さらに髪の毛を梳くこともほぼなく、そのまま放置した結果が、いわゆる貞子のようでした。

それでも無頓着だったので、そのまま伸ばしつづけていたある日
年上の仲良くしていたお兄さんに「髪の毛結んであげるよ」と言われたので頭を預けたら
「何これ、髪の毛絡まりすぎて梳けない。女の子だからちゃんとした方がいい」とさんざん言われ、ショックを受けたことを今でも覚えています。
それからは子供ながらに髪の毛を毎日梳くようになり、少し色気づいて
雑誌で髪アレンジを見て研究をしていたのですが、重力に逆らうことができない直毛だったので自分じゃなかなかアレンジできない髪でした。

髪の毛を染めたり楽しめる年頃となり、当時斜め前髪が流行っていたので寝る前にピンで止めたりして挑戦をしたものの、すぐにまた定位置に戻る始末。
どうしてもなりたい髪形には近づけず、美容院で相談したところデジタルパーマがいいとのこと。
それならやってみようと思い、デジタルパーマを初挑戦しました。
染めて傷んだ髪にも優しいパーマで持ちがいいと聞いていたので
この髪質から少し強めに当ててもらいました。前髪にも当ててもらったのでパーマの最中は完全にサザエさんでした。
これは期待できると思い、わくわくしていた結果・・・髪を洗って乾かすとほぼ真っ直ぐ。そして3日後には元に戻っていました。
1週間以内ということで、再度当てましたが2週間持たなかったです。
その後は、パーマを諦めコテで巻くようになりました。はじめの内は、コテでも上手く巻けず、風になびかれて時間が経つとストレートに戻ってました。

現在は、毛染めとアイロンにより髪が傷み、パーマは当たりやすくなり、元に戻りにくくなりました。
ただ前髪に関しては、生え癖から斜めにするのは難しいようで理想の前髪にはなかなかなれないと言われました。
自分がなりたい髪の毛が必ずしも似合うわけでもないので、この髪質に合った自分に合う髪型を今後見つけていこうと思います。

ツンツンヘアなら人には負けない!直毛女の自白。。。

自分に似合う髪型を見つけるのって難しいですよね。私は太くて多くて硬いのが悩みです。
小学校で三つ編みにしたらパン屋さんに売っている太いツイストパンそっくりだったのですぐに編まなくなりました。そしてそのとき既に髪の悩みは始まっていたと思われます。
女子ですから学生時代には巻き髪に憧れカーラー買いましたよ。一袋4個入のピンクでプラスチックのタイプの。無知な私は家に帰ってから4つのカーラーだけでは全体の半分も巻けないことを知りました。クリンクリンになった毛先の部分とまっすぐな部分がミスマッチな個性的な髪型も楽しみました。ある意味斬新でしたが。
強く巻きすぎて針金ハンガーのように折れた髪の毛を量産してしまいました。カーラーはそのあと8個ほど買い足しました。夜に巻くときっちりと癖がつくと聞いて12個すべてのカーラーを髪全体に巻きツタンカーメンのようになって眠りについていました。「首、痛かったなあ」。
朝ウキウキしながら12個すべてのカーラーを外すと見事なマリーアントワネットさながらの中世のお姫様みたいになりました。ボリュームがすごすぎてそのあともちろん水で濡らしましたが。
プラスチックタイプに始まりスポンジタイプ、それからスポンジカーラーにプラスチックフックがついているタイプ。カーラーが増えすぎて洗濯かごいっぱいになっていました。
ストレートムースにジェル、シャンプーやリンスそしてトリートメントを何種類も試してみました。一体いままでどれだけ購入したのだろうかと考えるとちょっと怖いです。
結局ストレートが一番楽だと気付き、毛量と太さの重みも利用して膨らまないようにしっとりとジェルやヘアクリームで押さえています。もちろん自分に合った美容室で毛量調節を上手にしてもらってます。プロに頼むのが一番いいですよね。そしてつんつんなショートカットに戻ることはまずないでしょう。

毛量が多く、ポニーテールも、ゆっさゆっさ揺れが激しすぎ・・

私は毛量が多いのが非常に悩みです。
物心ついたころから、非常に毛量が多く、
乾かすのも、洗うのも大変で非常に嫌です。
子どもが生まれてさらに時間がなくなり、シャンプーも一苦労です。

また結んだ髪の束が、太いというよりもう「ごんぶと」って感じで
三つ編みも、しめ縄のようで全くかわいくないですし、
ポニーテールも、ゆっさゆっさ揺れが激しすぎて不快です・・・。
ヘアゴムも、1本では緩んできてしまうので
2重にしてポニーテールすることもあります。

美容院にも行くたびに美容師さんから
「多いですね~」と言われることが非常にストレスで、
美容師さんは何気なくおっしゃっていることでしょうけども、もうこの会話のルーチンも不満で
美容院にはほぼいかなくなりました。いっても1000円カット程度の
無言で終えられるようなもののみです。
普通の美容院では、私にとっては高いお金を出して
悪口を言われにいくようなものです。
と、ともかく髪質には手を焼いています→毛髪活性

対策としてはもちろん、梳いていただいたり
自分で梳きばさみですくんですけども
だいたい、理想の三つ編みになるような毛量にしてもらうと
毛先がペラペラの、上はもっさり、ハチの張ったような
イカのような?感じになってしまうので
しかたなく、全体の毛量に合わせた程度に間引きしてすいてもらうと
三つ編みはやはりしめ縄レベルの太さになってしまいます。
いまだ満足いく「梳き加減」に出会ったことはありません。
太い、多い髪用のようなシャンプーも使ってみましたが
あまり効果は感じませんでした。

対策といってはなんですが、髪色を茶色の明るいトーンにしたら
しめ縄風の三つ編みにも軽さが出ますし
大量の毛束も、黒よりかはかなり軽やかさが出ます。
髪質はそうそう簡単に変わらないので、
色で野暮ったさをなくすのが、個人的に一番良かったと思っています。
根本は解決しませんが、気分は大分よいです。
今後は縮毛矯正などかけて、全体的にボリュームダウンしてみたいなと思っています。